near2図書館

near2図書館 館長こと、にゃんちー。私の読書感想文と、頭の中の本をご紹介。日々の徒然(凸凹日誌)

笑顔の連鎖=幸福の連鎖

こんばんは。にゃんちーです。

ほぼ日blogになりつつあります。

体調もあるので、細く長く楽しむをモットーに続けていく所存です。はい。

 

今日は私の頭の中の本棚から1冊。

人間の笑顔 について。

 

 

好きな人の笑顔に勝る 特効薬はない

誰の笑顔が、一番好きですか??

今、誰の笑顔が見たいですか??

 

 

私は恋人の笑顔が一番好きです。

比べられませんが、滅多に笑わないけれど母の笑顔も同じくらい好きです。

 

きっと多くの人が、間柄はなんであれ、自分の好きな人の笑顔を思い浮かべたんじゃないでしょうか。

 

 

なにゆえ、急にこんなことを書こうと思ったかというと、好きな人の笑顔が見たいなあと漠然と思ったからです。そしてそれは何故かな?と。

 

例えば、電車の中や道端で、全然知らない人に微笑まれたら、ちょっと気持ち悪いじゃないですか…。

え?何??って思うでしょ?笑

 

でもある程度の知り合いとかの笑顔なら、受け入れられる。

家族でも彼氏でも友人でも、好きな人の笑顔が見れると受け入れるどころか、それを遥かに超えてしまう。感情が湧くと言える。

そしてつられて自分も笑顔になってしまいませんか?

 

好きな人の笑顔を見た時、自分が楽しいから・面白いと感じたから笑うのではなくて、相手の笑顔を見て、つられて笑うという感じなんだと思うんです。

そこに湧く感情は、強いて言うなら「嬉しい」であって、とりわけ何か面白いわけじゃないんですよね。

お笑いを観て、笑うのとは、また少し違うと思うんです。

 

好きな人の笑顔が見れたら、今日1日の疲れも嫌なことも吹っ飛ぶわ!ってこと、ありませんか?

 

ここに、人間には笑顔によって何かが繋がっていく、ということがあるんじゃないのか、と思いました。

 

そこでちょっとばかし、調べてみました。

 

 

 

笑う ということの効果

そもそも「笑う」という行為で、健康になれる。そして幸福感が増す。

 

これは随分と昔から言われているのでご存知の方も多いでしょう。

有名な話ですが、笑うだけで免疫力があがる。

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)が活発になり、がん細胞までやっつけてしまう。

笑う、という行為はそれだけでもはや健康的。

 

笑うというのは単純なようでいて、顔の筋肉を使う。

しかも表情筋は以外と複雑なつくりになっています。

腹がよじれるほど大笑いした時なんて、顔の筋肉だけじゃなくて、腹筋が痛くなったりしますよね。

手を叩いてガハガハ笑ったりもする。

深呼吸にも似た息の吸い方をして、げらげら笑って息を吐くので、横隔膜もめっちゃ動く。

笑うって、全身運動じゃないのかな。

 

筋肉を使うことで、脳に電気信号が走る。それによって体の中が変わる、そんなイメージでいいと思います。

 

笑うことの健康効果は昔から言われていることなので、この辺にしましょう。

詳しくは、沢井製薬さんのHPをご覧ください。↓

(決して回し者ではございません。個人的に好きなサイトなだけ。)

 

 

笑顔の起源 それはチンパンジー!?

色々あるみたいですが、個人的にはチンパンジー説を信じたいです。

同じ霊長類ですしね。人間の起源と思うと、まあ、そうかなと思うのです。

 

チンパンジーにも、笑顔があるんです。

やはり人間とも似ていて、楽しいと笑うようです。その笑顔は、幼少期から見られるのだそう。

 

これについて面白い読み物を見つけました。

詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。↓

 

これを読んで、私が興味深かったことだけをピックアップします。

チンパンジーの笑顔と、人間の笑顔の類似点と相違点についてです。

 

まず類似点。

①笑顔の発達過程が同じ

 自発的な微笑みから始まり、他者へ向けた社会的な微笑みへと変化していく。

 

例えば人間だと、赤ちゃんは何故かわかりませんが、時々微笑んでくれます。少しずつ成長していく中でその微笑みは、親から始まり友達へと、他者に向けたものへと変わっていきます。笑顔を見せる意味と、対象の枠が広がっていくイメージなのかなと思います。

 

②笑顔が感情と結びついている可能性

 チンパンジーの子供も、遊んでいる時つまり楽しい時に笑顔になる。

もう、人間も一緒ですね。

ただし人間は大人も子供も関係ないと思います。楽しい時は、誰だって幾つになっても、笑顔になるもんです。

 

そして相違点。

①チンパンジーは遊びの場面以外で笑顔を見せることがほとんどない。

要するにチンパンジーは楽しくなければ、笑顔にならないということですよね。

人間の様に作り笑いも、愛想笑いも、苦笑いもない。すごくシンプルですけど、そう考えると人間って笑顔にいろんな意味を持って複雑にしている気がしました。

もはや、人間は何故楽しくもないのに笑うのだろう…とちょっと考えさせられました。

 

②チンパンジーは他者と笑顔を共有することがない。

子供の笑顔をみて、母親も笑顔になる。などということはないということ。

これは人間とチンパンジーとの大きな差ではないでしょうか。

感情からしか生まれない笑顔がチンパンジー。そしてその感情は連鎖しない。笑顔もまた、連鎖しない。

そこに社会性と連鎖反応があるのが人間の笑顔だと言えると思います。

先のリンクの読み物内にもありますが、人間は「笑顔」によって社会と、社会の平穏さを保っているんです。つまり、「笑顔」は平和のツールということ。

なるほど・・・。

確かにそういう側面は否めません。

笑顔を見せることで、「あなたに心を開いていますよ」という安心感を与えるというのは心理学でも言われるところです。

そうやって上手に笑顔を武器にしている。武装に近いのかもしれません。

 

 

笑顔の連鎖=幸福の連鎖

人間は、笑顔が連鎖します。

誰かの笑顔を見て、自分も笑顔になる。

同じように、自分の笑顔が誰かを笑顔にすることもあります。

 

そしてまた、私は、笑顔を通して感情が連鎖あるいは感情が共鳴すると思っています。

例えば親子であれば、互いに「大切な人だよ、大好きだよ」という気持ちが互いの笑顔の連鎖によって共鳴するでしょう。

恋人も同じですよね、きっと。

 

ここで自分の笑顔が相手に届かなかった場合、つまり相手に笑顔の連鎖反応がなかった場合を想像してみてください。

好きだよっていう想いから自然と笑顔になった自分に対し、相手は無表情だったら…。

 

どうでしょうか。

ちょっと悲しくなりませんか?

 

そう。だから私は、こう考えています。

 

人間は笑顔によって、感情も連鎖しうる、感情を共有するんだと。そして、笑顔というたった一つの行為(表情)だけで、他者の気持ちを汲み取ることの出来る、想像力をもっているんだと。

泣いているのを見て、自分も泣いちゃうのも同じことだと思います。

ただし、笑顔に限って話せば、笑顔の連鎖だけが、幸せ感を運んでくれるんです。

一緒に泣いたら、悲しみの連鎖なのです。

 

なんだかこれって、素敵じゃないですか?

 

笑顔が大事!って良く言われます。

例えば第一印象の作り方なんかで良く言われるところです。笑顔で居るのが健康だ、とも言います。そしてそれは医学的に数字上で証明されてもいます。

幸せだから笑顔なのではなくて、笑顔だから幸せなのだ、とも言われます。要するに行動が人を作るってことなんだと。

 

でもそんなことが素敵なわけじゃないのだ。

 

人間のすごいところって、やっぱりその連鎖反応が出来るという、汲み取る力、それを想像力と言うんだと思いますが、それを他者に向けられることなんです。

自分の中で想像を膨らますんじゃないんです。

他者から与えられた情報=笑顔から、相手はどういう気持ちなのかな?と、相手の立場にたって想像しているんです。

だから笑顔の連鎖は、幸福の連鎖なんです。

 

最後に。

最近、いつ笑顔になりましたか?

誰といる時、自然と笑顔がこぼれますか?

 

最近笑っていない人、好きな人に会いに行ってみてください。

自然と笑顔になれる人を思い浮かんだら、その人に会いに行ってみてください。

もはや声を聴くだけでもいいと思うのです。

そしたらきっと、お互いに笑顔になれるので。

そしたらきっと、幸せは人づてに繋がっていくので。

 

 

ということで、私は仕事終わりの彼に電話します。

今日のところはこの辺で。

長いこと私の脳内図書を読んでいただき、ありがとう◎

またにゃん。