near2図書館

near2図書館 館長こと、にゃんちー。私の読書感想文と、頭の中の本をご紹介。日々の徒然(凸凹日誌)

お墓参り 行ってる?【図書館便り】

お墓参り、行ってる?知ってそうで知らないお墓参りの話。と、超個人的な思い出話。

SNS疲れちゃったな…その理由【頭の中の本棚より】

SNSはもはやライフラインレベル化しているけれど、SNSって時々疲れませんか?っていうお話です。

プライド ではなく 誇りを持つ【頭の中の本棚より】

やりたいと思うのに、いざ机に向かうと出来ない。それを邪魔するものはなんだろう?って自分と対話してみたよって話。

『メモの魔力』に大苦戦中【読書、そのあと】

『メモの魔力』の1000問で躓いていたのだけれど、もう前田式メモを自分に転用してみた!っていう話。

武士道 それは奥義【読書感想文】

『1分間 武士道』を読んで。なんだか自分にもサムライ魂が流れている気がして、ちょっとワクワクしたよって話。

学校といじめ、そして居場所②【 頭の中の本棚より】

自分の話からいじめについて。それから、みんな探している「居場所」についてのお話。

学校といじめ、そして居場所①【頭の中の本棚より】

いじめについて、私が思うこと。時代の変化とともに、いじめだって変わってくって話。

ちょっと知りたい、これからの人生②【読書感想文】

前回の読書感想文につづき、ちょっと知りたい自分のこれから、の参考になればいいなと、しいたけ.さんを選びました。感じるものが多くて、とても温かかったよって話です。

near2図書館のこだわり

near2図書館に対する、単なる私のこだわりについて。

ちょっと知りたい、これからの人生①【読書感想文】

🎍明けましておめでとうございます🎍初詣でおみくじを引くかの如く、こんな本を読んでみるのはどうかにゃ。

年越し蕎麦【図書館便り】

年の瀬のご挨拶。そして、年越し蕎麦についてちょこっとだけ。

「死」それは生き物すべてにやってくる平等なもの【読書感想文】

絵本『くまとやまねこ』、酒井駒子さんの絵が好きなもので。児童書では珍しく「死」を問うものだったって話。

ただ相手の為に尽くしているのか、それとも尽くしたいのか。【読書、そのあと】

読書って1冊読んだ後に余韻みたいなものがあると思うの。そしてその余韻が別の本によって喚起されたり、解決してれたりするよねって話。

歌詞は”音”だけではない【音楽の歌詞】

「獣ゆく細道」椎名林檎×宮本浩次を題材に、歌詞の文学性を追求してみたのだ。この曲の歌詞、ぜひ一読してみてほしいってお話。

図書館名の由来【図書館便り】

near2図書館便りです。そういえば図書館名の由来、書いていなかったなあと。